カテゴリー別アーカイブ: 漢方医学

漢方薬局に行ってみよう

最近は、女性が漢方に興味を持つことが多いそうです。 とおいうのは、品川駅にほど近いニホンドウなど、漢方をうたったおしゃれな漢方薬局が増えてきているからです。 相談員も、女性相談員のみだったり、または女性専用サロンなども思考をこらしたものが出てきています。 これは興味が湧くのも分かる気がしますね。 漢方はこれといった資格はないのが現状のようですが、それでも一定の知識があるということを証明したものがなければ相談しない方がいいです。 漢方薬局でも、漢方薬の原料となるさまざまな生薬を扱い、いくつかの生薬を組み合わせて煎じ薬をつくってくれる調剤室があるところと、市販薬のみを扱っている漢方薬局もあります。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px 3px … 続きを読む

カテゴリー: 漢方医学 | コメントをどうぞ

漢方医にかかるとき

自分にあった漢方を処方してほしい時、まずは漢方医に相談することが大切です。 このときは、ぜひともノーメークで受診されることをお勧めします。 もしノーメークで電車やバスでいくのがいやだということでしたら本当にうっすらとした薄化粧がベストです。 なぜなら、漢方医はあなたの顔色や肌ツヤも見たいからです。 不必要なチークやファンデーションは素のままのあなたの状況が分かりづらくなってしまいます。 そして、マニキュアは落きましょう。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px 3px … 続きを読む

カテゴリー: 漢方医学 | コメントをどうぞ

漢方医をさがす

漢方薬に大変興味があるのだけれど、どこでどうしたらいいのかわからないという人も多いことでしょう。 漢方に興味をもって、ぜひとも試したいのだけど、どんな病院へ行けばいいのか、どこに専門医がいるのかわからない人も多いようです。 なんと、日本には「漢方医」という決められた資格はありません。 だからといって誰もが漢方を処方してよいということではありません。 日本東洋医学会というものが存在し、一定の基準により「漢方専門医」の認定をしています。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px 3px 3px … 続きを読む

カテゴリー: 漢方医学 | コメントをどうぞ

漢方の基本

漢方は、なんと2000年以上も前からあるものなんです。 その歴史的な長さはただただ驚くばかりです。 この2000年の間、何度も人体を通じて臨床実験を重ねてきた漢方は、自然と人とのバランスを重視し、病気の起こる原因を突きとめ、根本治療を目指す医学です。 これは東洋人にとっても理想的な薬だと言えるのではないでしょうか。 2000年と言う時が、その効果の絶大さを物語っていると感じます。 そして人の体を通して来たという事実も驚くべきものです。 東洋人には東洋人にあう薬が漢方だと言いきる人も多くいらっしゃいます。 漢方薬は自己治癒力を高め、病気にならない体質をつくるのが目的なんだそうです。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: … 続きを読む

カテゴリー: 漢方医学 | コメントをどうぞ

葛根湯の飲み方

風邪をひいたら、葛根湯を飲むようにしていると言う人も多いことでしょう。 しかし、人によっては葛根湯は全く効かないと言うひともいるようです。 なぜそのような違いがでてくるのでしょう? もしかして、その人が葛根湯の飲むタイミングを間違えていると言う可能性もあります。 風邪のひき始めに飲むと聞きやすいのが葛根湯です。 たとえば寒気がする、頭痛がするなどという風邪の初期症状ですね。 このタイミングでお湯に溶いて飲み、消化の良いお粥などを食べ、早く寝れば、じわっと汗をかき、翌日には身体もすっきりとし、「葛根湯」の効果を実感できると思います。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px … 続きを読む

カテゴリー: 漢方医学 | コメントをどうぞ

小青竜湯

小青竜湯ときいて、すぐに読める人は飲んだことがあるひとでしょう。 これはかんぽうやくで、しょうせいりゅうとうとよみます。 寒気のする風邪をひくような場合に有効的な漢方で、かなり巷でも薬局でその箱をみかけることが多くなりました。 このしょうせいりゅうとうですが、からだを温めながら水分代謝を改善し、痰やせきを鎮めるという作用があります。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px 3px 3px 3px;} … 続きを読む

カテゴリー: 漢方医学 | コメントをどうぞ

サプリメントで健康は本当か?

漢方で病気を治そうと言う人は多いです。 漢方は効き目がゆっくりですが、それでも漢方が合う人にとっては抜群に効果があるということです。 副作用ももちろんあるものですが、じょじょに利いて行くために副作用もそれほど極端には起こり得ないとされていると言うことです。 いいことづくめのような漢方ですが、それでも西洋医学の方が良いと言う人もいるでしょう。 西洋医学は病気を化学薬品で直そうとするものですね。 これは速効性はありますが、副作用もその分大きいとされています。 他にも、アロマテラピーや針など、様々な治療方法が挙げられます。 最近では、日常に不足しがちな栄養素をとれるとうたった健康食品もブームのようです。 しかし、このような健康食品とうたったものに信憑性があるのかは不明です。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; … 続きを読む

カテゴリー: 漢方医学 | コメントをどうぞ

漢方も代替療法

漢方は、一つの薬だと言い換えられますが、効き目はゆっくりです。 ですので一般的にはヨーロッパのアロマテラピーやインドのアーユルヴェーダのようなものととらえる人も多いようです。 アロマテラピーとは、様々な生物の香りの精油を体内に蒸気として取り込んだり、すりこんだりして身体をいやしていくと言う方法です。 また、アーユルヴェーダもマッサージなどを取り入れたり、または宝石などを使って身体をいやしていくと言うものです。 そのような根拠があるのかないのかよく分からないものでも、実際に効果があると言いきれる場合もあるのです。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px 3px 3px … 続きを読む

カテゴリー: 漢方医学 | コメントをどうぞ

生薬とは

漢方薬は、原則として2種類以上の生薬を、決められた分量で組み合わせて作られたものです。 この配合はかなり昔から言い伝えられていると言うもので、様々な処方があります。 漢方医学に基づいて、用いる条件も細かく定められており、治療効果のある医薬品として正式に認められています。 また、サプリメントは栄養補助食品という名前のとおり、あくまでも食品の一つです。健康食品も同様です。 漢方と健康食品は別物です。 一緒と混同しないように気を付けたいものです。 漢方薬は生薬を原料にしているため、「副作用がなくて安心」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。 漢方薬は効き目がゆっくりであるため、最初から抜群に利いていると言う効果が表れにくいでしょう。 しかし、徐々に利き目があらわれてきます。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; … 続きを読む

カテゴリー: 漢方医学 | コメントをどうぞ

漢方医学

現代医療においては西洋薬とともに漢方薬が欠かせないものになってきています。 一般的に薬と言われるのは西洋の薬ですね。 タブレット状のものが一般的です。 しかしそのような西洋医学では治療が難しいといわれている疾患が漢方医学では治療対象となる場合があり、漢方薬と西洋薬が一緒に使われているケースもあります。まさに両者の融合が治療現場の最先端であるといえるでしょう。 漢方でなくては治らない病気も実際にはあるのです。 また、逆もしかり。 ですので自分の体はどちらの処方が合っているのかを確かめながら病気とうまく付き合っていくほかありません。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px … 続きを読む

カテゴリー: 漢方医学 | コメントをどうぞ