カテゴリー別アーカイブ: がん治療

ガンと診断されたら

あなたは年に何回程度健康診断を受けているでしょうか? そして、その健康診断はどこでうけていますか? 会社でしょうか、それとも大学病院? 県立病院? そこの病院で受けたらいいのか、またはその結果重大な病気が見つかったと言う場合、どこの病院にいったらいいのかはだれしもが悩むことだと思います。 まず、あなたは医師に相談する必要があります。 がん治療における病院選びは、どんなに情報を集めても、どんなに悩んでも、結論が出ないことが多いものです。まずは、今、目の前で説明をしてくれている医師に相談しましょう。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px … 続きを読む

カテゴリー: がん治療 | コメントをどうぞ

子宮頚部がんとワクチン

ここ最近、このウイルスが子宮の頚部にがんを作ることがわかり、子宮頚部がんへの取り組みが大きく変わろうとしています。 一般的に女性は、20代で一度はこのウイルスに感染ますが、そのほとんどが自然にウイルスを排除します。 しかし、ごく一部がこのウイルスを持続してしまい、これが子宮頸がんになるといわれています。 ですのでこのウイルスを自然に排除する働きが大切なのです。 市でのお知らせもよく届くと思いますが、子宮頚がん検査ですが、 これはウイルス感染の有無によってガンになるかどうかがほぼ決まるとされています。 ですから5年以上続けて検診で異常がない人は、毎年の検診でなくても良いという方向に動いているのはご存知でしたか? /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px … 続きを読む

カテゴリー: がん治療 | コメントをどうぞ

がんについて

がんがどうして出来るのかを理解してみましょう。 まず、がんはたばこを吸うをなる可能性が高いことが知られています。 ですから、たばこを吸う人はガンのリスクが高いことが知られています。 ぜひタバコはやめていただきたいです。 タバコをすうあなたも、そしてその煙を吸っている周囲の人にも被害が及んでいます。 さらに、道でタバコをすう歩きたばこも危険です。 後ろにあるく人の立場になって、煙草に火を付けてください。 あなたのモラルの問題です。 がんは、遺伝子の突然変異です。 からだにはもともとおかしな細胞ができあがったらそれを元に戻す作用が働きます。 がんの場合、突然変異は細胞の生死に重要な役割を持つタンパク質におこります。 同じ栄養でも異常に増えてしまう、身体に有害で本来、自然に死ぬはずの細胞が生き残る、こういうことが重なってがん細胞というものが、出来てきます。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px … 続きを読む

カテゴリー: がん治療 | コメントをどうぞ

子宮体部がん

子宮がんは、子宮頸部がんと子宮体部がんに分けられ、婦人科のがんで最も多いものです。 毎年検査を受けることが望ましいと言われています。 同じ子宮のがんであっても、子宮体部がんと子宮頸部がんは、全く違う病気ですから、子宮体部がんと子宮頸部がんの違いを正しく理解することが大切です。 子宮体部がんは、子宮内膜がんとも呼ばれるように、赤ちゃんを育てる子宮の袋の内側にある子宮内膜から発生します。 一方、子宮の出口が膣内に突出した場所からできるのが子宮頸部がんです。 なお、一般的に子宮がんの検査というと、子宮頸部がんの検査だけをさすこともあるので、注意が必要です。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px 3px … 続きを読む

カテゴリー: がん治療 | コメントをどうぞ

喫煙と喉頭癌

たばこはガンを誘発するものです。 あなたがもし喫煙者でしたら、ぜひともタバコは健康のためにやめることをお勧めします。 特に喫煙との関係が強いガンとして、喉頭癌というものがあります。 初期症状で最も多いものが「声のかすれ」です。 喉頭のうち声帯にできた癌だと早期にかすれが出現します。時に、痰に血が混じることもあります。ただし喉頭癌でも声帯の周辺にできた癌は、進行してからでないとかすれてこないことがあります。時に呼吸苦が現れることもあります。 タバコを吸うことによって、このようなガンになるリスクがぐんと高まってしまうのです。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px 3px … 続きを読む

カテゴリー: がん治療 | コメントをどうぞ

肺がんについて

今日は、もっとも男性のガンで多いとされている肺がんについてお話しましょう。 まず、肺がんの自覚症状は咳、痰、血痰、胸痛などが主なものです。 あまり特徴的な症状がないので、自覚症状を訴えて発見されたときには進行がんになっていることが多いのが、肺がんを治りにくい病気にしている原因でもあります。 おかしいな、と思ったらまずは専門医に相談することが大切ですね。 タバコを吸っている人だけではなく、そのタバコを吸っている人のすぐ近くにいる人もガンのリスクが高まるものです。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px 3px 3px … 続きを読む

カテゴリー: がん治療 | コメントをどうぞ

喫煙とガン

タバコは世の中の悪いものだと位置づけられてきたようです。 これまでは分煙と言う言葉に馴染みがなかった人や場所も、いまでは全室禁煙や、分煙と言う言葉を高だかと上げています。 それくらいタバコは悪であると言うイメージがあるようです。 なぜこれほどまでにタバコが悪いものだと言うイメージが定着したのでしょうか。 それは、たばこには発がん性があるということが分かっているからです。 喫煙者のみならず、その周囲にいて煙草の煙を吸ってしまった人もそのリスクを伴います。 タバコを吸いながら歩いている人の後ろで歩いていた場合、その後ろに歩いていた人がタバコの煙をこうむってしまうのです。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px … 続きを読む

カテゴリー: がん治療 | コメントをどうぞ

がん患者になった時の悩み

もしあなたがガンになった場合、誰かにすぐに相談できるでしょうか? だれかにすぐ相談できると答える人は全体の8割程度だと言うことです。 ということは、残りの2割の人はだれにも相談できずにがんと付き合うことになります。 これはとても寂しいように見えますし、または誰にも心配かけまいとする残された家族や知り合いなどに対する精一杯の愛情のようにも感じます。 誰かに相談出来た方が私はいいと思います。 というのは、信頼できる相手がそばにいてくれたほうがやはり患者も気がまぎれるからです。 そして、誰にも知られずに死ぬと言うことは寂しいことだと感じます。 やはり、最後は誰かと時間を共有しながら死にたいものです。 ガンだからと言ってすぐに死に結びつくものではありません。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; … 続きを読む

カテゴリー: がん治療 | コメントをどうぞ

がんになる体質

現代にとても多い病気とされるがん。 なんと男の2人に1人、女の3人に1人ががんにかかると言われる時代なんだそうです。 ですから、とてもがんは身近な病気で、ちっともショックなことではないということを認識しましょう。 いまはとても医療が発達していてガンイコールすなわち短命というわけではないのです。 もしあなたががんだと診断されたら、どうするでしょうか だれか、身近に相談できる人がいるでしょうか? あるアンケートでは、もし自分ががんだと診断された場合、誰にも相談をしないと予想する人が2割程度いたということです。 /* adbuzz */ .adbuzz_01 { margin-top: 5px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px; border: 1px solid #ccc; padding:3px;} .adbuzz_01 h7.ad_menu { font-size: 10px; margin-bottom: 0px; padding-bottom: 0px;} .adbuzz_02 { padding:3px 3px 3px 3px; margin: 3px … 続きを読む

カテゴリー: がん治療 | コメントをどうぞ