痛いときの対応法

痛みがあるとき、あなたはどのように対応しているでしょうか?

これには、いろいろな意見があるでしょう。

痛みには冷やした方がいいとか、温めた方がいいとか、様々な好みもあると思います。

ただし、好き勝手に冷やしたり温めたりしてしまうと痛みが強くなり、悪化してしまうことがありますので注意が必要です。

どういうときに冷やすのがいいのか温めるのがいいのでしょうか?

それは、病気や怪我の時期により異なるのです。医学的に言うと急性期は冷やして慢性期は温めるというのが正解になります。

[PR]
節電 グッズ/計画停電も囁かれるこの夏、各々が積極的に節電していきましょう!節電促進グッズがズラリ!
メディカルコア十日市場は有料老人ホーム(住宅型)です。横浜市緑区十日市場町。
ごみ処理 松戸なら丸正環境センターへ
矯正 岐阜にあるえんどうインプラント矯正歯科クリニック│矯正からインプラントまで

炎症反応を起こしている個所、つまりねんざなどにはやはり冷やした方が良いと言えるでしょう。

この時期に温めるのは逆効果で、炎症反応を助長してしまいます。
肌がほてっていたり、ねつを持っているようでしたらこれを覚ますことが大切になります。

そして、痛めた局所が疲労し、機能不全に陥っている状態のときは建ためた方がいいでしょう。

筋肉は硬くなり血流が阻害され、疲労した局所に酸素と栄養が行き届かなくなり、その結果、重だるいような痛みが出るのです。

最初の3日くらいは熱を取り去るために患部を冷やし、そのあとに熱がとれてきたら今度は温めると言うことを覚えておくと良いと思います。

[PR]
福山市 歯医者をお探しなら和田歯科|世界一と言われる米国の歯科医療技術を地元福山の皆様へお届けします
保健師 企業におけるメンタルヘルス分野の産業保健の実務経験がある方はこちらへ
検体、試薬、医薬品輸送のことならPCXインターナショナルにお任せください。

カテゴリー: 病気   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>