小青竜湯

小青竜湯ときいて、すぐに読める人は飲んだことがあるひとでしょう。
これはかんぽうやくで、しょうせいりゅうとうとよみます。

寒気のする風邪をひくような場合に有効的な漢方で、かなり巷でも薬局でその箱をみかけることが多くなりました。

このしょうせいりゅうとうですが、からだを温めながら水分代謝を改善し、痰やせきを鎮めるという作用があります。

[PR]
検体、試薬、医薬品輸送のことならPCXインターナショナルにお任せください。
矯正 岐阜にあるえんどうインプラント矯正歯科クリニック│矯正からインプラントまで
節電 グッズ/計画停電も囁かれるこの夏、各々が積極的に節電していきましょう!節電促進グッズがズラリ!
産業保健経験のある精神保健福祉士 eapカウンセラーを募集中!採用情報はこちら
ファントム 放射線治療の品質管理ならKeenの「ファントム」

身体をあたためるということは大変重要なことなんですよね。

呼吸器の機能をバランスよく回復させたりする作用も見込めると言うことですから、気になる方はぜひ飲んでみてはいかがでしょうか。

なぜ、青竜とつくのか調べてみたところ、青竜とは四方を守る神獣のひとつなんだそうです。

青色は春にリンクしていて、春に起こりやすい病といえば、風邪などの感冒や花粉症もそのひとつです。

漢字に馴染みがある日本人にとってはなるほど~と関してしまうようなネーミングですよね。

花粉症にもきくというしょうせいりゅうとう。

器官を正常化してくれる役割もあるのでまずは飲んでみると良いと思います。

漢方を飲むときは、冷水で飲むと良いと言う場合と人肌程度にあたためてから飲む方が良いと言う場合がありますが、すこし温かい程度の水で飲んだ方が良いと思います。

[PR]
保健師 産業保健の実務経験がある方を募集中!採用情報はこちら
福山市 歯医者をお探しなら和田歯科|世界一と言われる米国の歯科医療技術を地元福山の皆様へお届けします

カテゴリー: 漢方医学   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>